栃木といったら「いちご」でしょ!完熟ジューシーな「いちご」をその場で食べ比べ


栃木県民に「栃木といったら?」と質問をしたら、ほぼほぼ「いちご!!」と答えるでしょう。そう、栃木県はいちごの本場で、2020年まで53年連続で収穫量日本一なのです。いちごの最盛期は2月〜5月といわれ、現在もっとも旬の時期を迎えています。  

旬の時期のいちごは格別。おいしく食べるには、やはり採りたてが一番です。今回、おいしいいちごを求め、栃木県茂木町にある美土里(みどり)農園に伺い、いちご狩りを体験してきました。 


茂木町は県東部に位置する小さな町。いちごの生産が盛んで、旬の時期には、スーパーや道の駅に真っ赤に光る「とちおとめ」が並びます。その茂木町にある美土里農園は2018年にいちご狩り園をオープンした観光農園です。

美土里農園のこだわりは「土」にあります。地元茂木で作られた美土里堆肥、竹粉という堆肥を入れ、土づくりをしているそう。こだわりの「土」で育つことで、いちご本来の甘みのあるものに育ちます。

この時期、美土里農園で収穫できるいちごは「とちおとめ」と「とちあいか」の2種類。「とちおとめ」はいちごの王道であり、甘みと酸味のバランスの良いいちごです。「とちあいか」は2019年に誕生した新しい種類のいちごで、酸味が少なく甘みが際立ちます。 

実際にいちご狩りをして、「とちおとめ」と「とちあいか」の食べ比べをしてみました。まず、ハウス内に入るといちごの香りがフワッと香り、いちご欲を掻き立てます。目の前に広がるのは、ずらっと並んだいちごたち。真っ赤に実ったいちごはまるで光っているようでした。 


まず、食べたのは「とちあいか」。口に入れた瞬間から甘みがグッと広がります。思わず、「甘っ」と独り言を言ってしまうほど。続いては「とちおとめ」を食します。みずみずしくてすごく、ジューシー。さすが王道「とちおとめ」。長年、多くの人に愛されている理由が一口食べただけでわかります。


新型コロナウイルス対策の影響で現在は1時間の制限がありますが、普段は時間無制限の食べ放題。私は1時間ほどでも、約30個はペロリでした。新鮮でおいしいいちごを本場でたくさん食べることができ、満足の体験でした。美土里農園では、直売所も併設していてお土産に「いちご」やその他の農産物も購入することができます。



いちごの本場、栃木で新鮮で甘くてジューシーないちごをその場で食べる。この時期だけの贅沢な体験です。美土里農園では5月末までいちご狩り体験ができます。ぜひこの機会に体験をしてみてはいかがでしょうか。


【美土里農園】

〒321-3628 栃木県芳賀郡茂木町深沢3200

TEL/FAX 0285-81-5112


関連記事

【厳冬期限定】栃木市出流(いづる)で「寒晒しそば」の提供はじまる

「食」を通して地域の手助けを!店舗を持たないお惣菜屋さんが語る地域への思い

まるでタイムスリップ!令和と江戸時代が入りまじる町 栃木市嘉右衛門町

國府谷純輝

栃木県栃木市

栃木県茂木町出身。2021年6月より栃木市地域おこし協力隊として栃木市の寺尾地区をメインフィールドに活動している。情報サイト「テラオノサイト」の立ち上げ・運営やYoutubeにてローカルラジオ「ラジロー」を配信するなど情報や魅力発信を行っている。趣味はキャンプとサウナ。