【そして伝説へ…】

国民的RPG「ドラゴンクエスト3(SFC版)」のパッケージデザインのモデル地が和歌山に!? 和歌山県の紀美野町と有田川町にまたがる生石高原。標高870メートルの山頂付近に、近畿NO.1と言われる「ススキ」の大草原が広がっ … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

熊野古道に隠れ里?山の上にひっそりと在る「天空の里 峰」

熊野古道中辺路の通る国道沿いに、ひっそりある里山、中辺路町栗栖川にある峰区。 熊野古道を歩く人なら必ず通る「高原地区」は霧の里として有名だが、向かい側の「峰地区」は、昔は高原とどちらが高い里山なのか競っていた高さの集落で … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

「ヨガをしたいと思った人にやってほしい」純粋な想いで人を繋ぐ優しいヨガ

和歌山県田辺市在住のヨガの先生、垣内京子さん。普段は公民館やカルチャー施設で、ヨガを教えています。 私がヨガを初めたきっかけは、垣内さんがイベントとして開催した「オンラインビーチヨガ」。ヨガを多くの人に知ってほしいと、以 … Read More

浜口彩歌

浜口彩歌

ハツレポーター

ふるさと:
石川県輪島市(出生地)、愛知県名古屋市(幼少期)、大阪府茨木市(4年間)、千葉県船橋市(20年間)、和歌山県田辺市(10年間)

世の中には魅力がいっぱい。それに気付くと楽しいんです。

【切ったら星形⭐️とってもあまーい柿】

渋柿を木になったまま渋抜きする『紀ノ川柿』。シャリシャリしてるけど、とっても糖度が高くて甘いです。完熟してから収穫するので、木に負担がかかります。産地でしか出会えない希少な柿です。10月、11月の和歌山に来たらぜひ食べて … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

築90年の元高級料亭をリノベーション。和歌の浦の過去と現在をつなぐ食堂

和歌浦漁港のすぐそばにある、長い間使われずにいた元高級料亭の建物が、食堂として生まれ変わりました。 この「わかうら食堂」をオープンさせたのは、和歌山市内で居酒屋を営む駿河康史さん。子どもの頃からよく遊びに来ていた和歌の浦 … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

ウナギが口の中で溶ける⁉︎ 梅との抜群な相性を堪能せよ

「え!? さっき口の中に入れたウナギ…どこいった!?」 “紀州南高梅ひつまぶし”を口に入れ、驚いた。 これほど口の中でとろけ、うまみがブワーッと広がり、一瞬でなくなるものだったとは-。 スーパーで購入するウナギとは大違い … Read More

和歌山ローカル情報発信Lab.

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。

「古代蓮の里イルミネーション2020」規模縮小も開催へ

埼玉県行田市の「古代蓮(はす)の里」で、11月21日から、恒例のイルミネーションイベントが開催される。期間は来年1月3日まで。新型コロナウイルスの影響で全国的にイベントの中止が相次ぐ中、同イベントは例年よりも規模を縮小し … Read More

小池穂波

小池穂波

ハツレポーター

ふるさと:
新潟(出生地)、栃木・埼玉(育ったところ)

初めて取材をした時、長く住んでいる地元にもまだまだ知らない魅力やストーリーがたくさん眠っていることに気付かされ、日常の風景を見る目がガラッと変わりました。

全国各地に眠るたくさんの魅力を発掘し、みなさんと共有したいです!
本業はフルート奏者なので、全国津々浦々のまだ誰も演奏したことのない場所でコンサートをすることが夢です。
音楽で地方創生に貢献できるよう頑張ります!