熊野古道に隠れ里?山の上にひっそりと在る「天空の里 峰」【和歌山県田辺市】

1 min 161 views

熊野古道中辺路の通る国道沿いに、ひっそりある里山、中辺路町栗栖川にある峰区。

熊野古道を歩く人なら必ず通る「高原地区」は霧の里として有名だが、向かい側の「峰地区」は、昔は高原とどちらが高い里山なのか競っていた高さの集落である。

高原と違い、転々とある集落を上まで上がる間に足を停めるといろいろな景色を見せてくれる素朴な集落。

まさにプライベートな絶景を楽しめる集落である。

(田辺市:並木 真弓さん)

※このハツレポは「和歌山ローカル情報発信Lab.」から転載しました。https://www.facebook.com/LJHLab.wakayama/posts/679135973027411

並木真弓

並木真弓

和歌山県田辺市

第1期ハツレポーター

ふるさと:
東京都渋谷区(生まれ)、千葉県習志野市(育ち)、和歌山県田辺市(面白過ぎて移住)
ローカルな中の更にローカルな物や事や歴史を見つけて「ヤバい!!」と思うことが大好きです!
和歌山県・三重県・奈良県をはしる世界遺産 ”紀伊山地の霊場と参詣道” 通称「熊野古道」への愛が止まりません。