生徒数30名の小学校から300名の中学校へ行って驚いたことベスト3

大阪から長崎県の離島である壱岐島へ移住して2年が経つ田口家。 長女のれいなさんはこの春、壱岐市内で2番目に生徒数が少ない小学校から市内で1番生徒数が多い中学校へ入学しました。全生徒約30名から10倍の300名超の学校は、 … Read More

田口有香

長崎県壱岐市/第4期ハツレポーター

大阪府出身、長崎県壱岐市在住。
3人の子どもの母。
2020年に壱岐島出身者に家族で移住。
壱岐市地域おこし協力隊2年目。観光に関する記事の作成や、SNSの運営を担当。
壱岐島は離島ですが、福岡から高速船で65分という抜群の地の利の良さが自慢。海がきれいなことはもちろん、緑豊かでのんびりした雰囲気です。

お子様連れのママさんに好評な海水浴場【和歌山市浪早ビーチ】

いよいよ夏が近づき、海水浴を楽しめる季節ですね。 コロナ禍で外出しにくい状況ですが、やはり「海で夏をかんじたいな」、という気持ちの方も多いと思います。 そこで私の京阪神在住の友達たちに好評だった海水浴場を紹介します。 和 … Read More

久松公代

京都府宇治市産まれ。社会福祉士。
父は大阪出身、母は東京出身で子どものころから地域による言葉の違いや風習の違いをかんじてきました。
和歌山市に移住して18年たちます。暮らして気づく和歌山の良さを伝えて 行きたいと思います。

鮮やか!挑発するスイセンの無法地帯

「いつものウォーキングコースにスイセンが群生しているのを見つけました」。 知人が投稿したSNSの写真に吸い寄せられた。4月、雪国秋田でも満開の桜の写真が、毎週のようにSNSに投稿される。しかし、スイセンが地面を覆ってどこ … Read More

田川珠美

第1期ハツレポーター / 秋田県秋田市

移住と就業促進の仕事に関わってから、知らなかった魅力や課題のあることに気づきました。雪国のあたたかく柔らかい秋田を届けたいと思っています。ライフワークはピアノを弾くこと、ワクワクするのは農道探索、そして幸せは、心のふるさと北秋田市の緑の中をドライブすることです。

美味しい料理に国境はない。思わず宙を見上げるその味に魅了。網走 world kitchen MARE

お洒落には都会や田舎の差があれど、美味しいものには壁も国境もない。 ー思わず宙を見上げるその味に、あなたは出会えていますかー world kitchen MARE(ワールド キッチン マレ) 網走市と聞いただけで「美味し … Read More

猪澤航

北海道網走市

北海道網走市出身、高卒から四半世紀近く周辺2市4町を転勤し歩き、お店も信号機も学校も無い集落を経て網走市へ戻ってきました。離れている時はあまり感じなかった地元愛が、戻ってきてみると驚くほど網走が大好きなことを再確認しました。
そんな私が、離れていたからこそ見える魅力や感動を発信していけたらと思います。

初めて挑む筍 絶望からの再生

初めての本物の採れたて筍に挑む 東京から愛媛県今治市の大島に来て、3年目を迎えました。 島で暮らすにあたり、釣り、家庭菜園、料理など趣味の幅を広げて試してみたいことがたくさんありました。 釣りはまだ出来ていませんが、家庭 … Read More

ヒョードーミキヒロ

愛媛県今治市/第4期ハツレポーター

大阪→東京→愛媛の今治市、しまなみ海道の大島へ移住。現在、地域おこし協力隊をしながら趣味の格闘技の教室を「GRABAKA 今治大島」という名前で開催中。素通りしてしまうには勿体ない、しまなみ海道のいろいろな魅力をお伝えしたいと思ってます!

醜いオコゼのキラメク魅力:山と田と海の神々の関係

秋田県北秋田市の阿仁地域は、マタギの里として有名である。「ゴールデンカムイ」という漫画に登場する、谷垣源次郎という元マタギのキャラクターの生まれ故郷としても知られている。「マタギ」とは、山の神を信仰する狩猟集団のことで、 … Read More

貝田真紀

秋田県北秋田市 / 第1期ハツレポーター

現在、阿仁マタギで有名な北秋田市に引越し、「地域おこし協力隊」として地域振興に取り組んでいます。狩猟免許を取得して北秋田市の森吉猟友会にも所属したので、今後は狩猟活動も展開していく予定です。モスクワには3年半ほど住んでいたので、モスクワにも思い入れがあります。「秋田×ロシア」でも何か仕掛けたいです。

スーパー台風のフィリピン直撃から、カオハガン島らしい復興の形

フィリピン・カオハガン島から、久しぶりのハツレポとなります。 昨年12月16日の夜に、セブ地方を最低気圧915hPa、最大瞬間風速75mの大型台風が襲い、大きな被害を及ぼしました。 東京ドーム1個分の大きさのカオハガン島 … Read More

カオハガンハウス

フィリピンカオハガン島/第2期ハツレポーター

セブ島から船で約1時間、手つかずの自然に包まれた、東京ドームと同じ広さの小さな島。島民約700人が、豊かな海洋の自然のなかで、その恵みをいただき、必要以上の量を採らず、それを皆で分かち合う、そんな暮らしをしています。
そんな島に嫁いだ佑子とよしえ、長期滞在中の佐和子が島で見つけた驚きを発信していきます!
よろしくお願いいたします。

歴史と海と自然の絶景と、和歌山の良さをギュッと体感できる場所、和歌山市の番所庭園

私が和歌山に移住してきて1年。そんな私を訪ねてはるばる遊びに来てくれた友人に、私が必ず案内する場所、それが和歌山市雑賀崎にある「番所庭園(ばんどこていえん)」です。 なぜ「番所庭園」を案内するかというと、私が大好きな場所 … Read More

藤原和香奈

千葉県出身
2020年秋に、東京都港区から和歌山市和歌浦に家族で移住をしました。
祖母が残してくれた築100年の古民家をDIYしながら暮らしています。
お庭でニワトリを飼い、毎朝新鮮な卵をいただいています。
海も山もあり自然豊かで歴史深い和歌山が大好きになりました!
移住者の視点で和歌山の魅力を発信していきたいです。

「空間を変えると、人の行動は変わる」社員の意識を変化させるオフィスづくりとは

「人の行動を変えるには、言葉で伝えるよりも、空間を作り変える方がてっとり早い」。モノ売りからコト売りへの脱却を図ってきたコクヨ東北販売株式会社代表の岡竹博昭さんは、自社の試行錯誤を振り返って、そういいます。

2600 年間守った神武天皇との約束

和歌山県西牟婁郡白浜町太刀ヶ谷(たちがたに)地区には、神武天皇が立ち寄ったとされる太刀ヶ谷湾や太刀ヶ谷神社という名所があります。 しかし、神武天皇が立ち寄ったことは約2600年間世の中にほとんど知られていませんでした。 … Read More

久松公代

京都府宇治市産まれ。社会福祉士。
父は大阪出身、母は東京出身で子どものころから地域による言葉の違いや風習の違いをかんじてきました。
和歌山市に移住して18年たちます。暮らして気づく和歌山の良さを伝えて 行きたいと思います。