久米島の社会福祉協議会は味噌も作ります!!味噌作り1日目♪【沖縄県久米島町】

1 min 95 views

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。今回の投稿は、沖縄本島から飛行機で30分ほどの距離にある久米島で福祉事業を展開する社会福祉法人久米島町社会福祉協議会・新長民江さんの投稿です。

久米島社会福祉協議会は沖縄本島から西に100㎞の場所にある離島「久米島」に事業所を構える福祉事業所です。福祉事業全般、また介護保険事業・認可保育園の運営をしています。

私たちは、その人がその人らしく生活できる様に、福祉事業を通し寄り添い、見守りながら支援を行っています。

毎年この時期に、民生委員さんが主体となって行われる、味噌作りが始まりました。

残暑厳しい中、作業に取り組みます。

今日の工程は、麹菌を混ぜたお米を木箱に入れ、寝かせるところまでです。

次回の工程は、明後日金曜日。

年末頃には、出来上がるとのこと(^▽^)/

どんな味噌が出来るのか?楽しみです☆彡

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

おきなわ離島発『私の事業は輝くお宝』

沖縄県

沖縄県は2023年度、たくさんの「お宝=魅力」をもつ離島各所の事業者さんたちが、SNSなどの『デジタルツール』を利用してさらに魅力的な発信をしていけるように「沖縄県主催🌺価値を伝えて売りまくるためのデジバズ講座」という取り組みを行っています。

この投稿は、参加事業者がみずから自身の魅力を発掘したもので、ローカリティ!編集部のサポートを経て、皆さんの心に届く『輝くお宝』にブラッシュアップしたものです。沖縄離島の魅力をご堪能ください。

FOLLOW

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です