映画から食事、買い物まで楽しめる映画カフェバー、七日町Playground Cafe BOX【山形県山形市】

1 min 139 views

山形市七日町3丁目にある映画カフェバー。私は映画が好きだが、それをコンセプトにしたカフェバーというのは想像がつかない。一体どのような場所だろうか。とても気になったため、今回取材に伺った。

 Playground Cafeは、店主の菊池伸勝さんがほぼ一人で営んでいる店だ。店内に入ってみると、さまざまな映画のポスターや関連グッズで溢れている。

特にパンフレットの量がとても多い。これは、菊池さんが高校生の頃から集めていたものだそうで、全て自由に手にとり読むことができる。また、ボードゲームも豊富に用意されている。趣味で利用するのはもちろん、複数人で遊ぶために利用するのもありだろう。

また、店に入って右側には菊池さんの友人である多田諭史さんが経営している映画関連グッズのショップがある。二人は同じ高校を卒業していて、多田さんがお客さんとして来店した際に気が合い、店の一部を貸したそうだ。

そこでは、フィギュアやポスターなど様々な商品を購入することができる。

また、カフェというだけあってメニューにもこだわりがある。定番のコーヒーは、菊池さんがブレンドした豆を毎朝チェックしてから焙煎をし提供しているらしい。細かなこだわりが感じられる一杯だ。

映画から食事、買い物まで楽しめるPlayground Cafe BOX。まずは気軽に訪れてみたらどうだろう?人生を変えるような作品、空間との出会いがあるかも知れない。

Playground Cafe BOX 

営業時間

月、火、木、日:11時〜22時 
金、土:11時〜23時 
水:定休日

住所
山形県山形市七日町3丁目5−番18号

インスタ https://instagram.com/playground_cafe_box?igshid=ZWQyN2ExYTkwZQ==

横戸彩音さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です