公園全体がピンクで思わず「カワイイ~!」 全国初のポケモン公園『ラッキー公園㏌なみえまち』に行ってみた!

みなさん、こんにちは!
 
私は今回、福島県浪江町の「道の駅なみえ」に併設されている、全国初のポケモンの公園「ラッキー公園 in なみえまち」に行ってみました。
 

このポケモン公園は国道6号に面した道の駅の敷地内にあり、その広さは約1000平方メートル。

公園の中央にある人目を引く大きなピンクのポケモンの名前は「ラッキー」。幸せを運ぶポケモンとして「ふくしま応援ポケモン」に任命されているのだとか。高さは6メートルほどあるでしょうか、思わず見上げてしまう大きさです。

背中側には子供たちが喜びそうな仕掛けや滑り台がついていて、この日も子供たちがキャーキャー言いながら走り回っていました。
 

 
ウチの娘はもうポケモンは卒業したのですが、これを見たら遊ばずにはいられなかったはず。
 

「ラッキー」の前にはモンスターボールと「ピィ」と「ププリン」のゆらゆら遊具も。

私も揺られてみたかったのですが、羞恥心に勝てませんでした。

 

 

そして、これは「ベロリンガ」の滑り台。アニメだと触るとかぶれるキャラですが、この滑り台は滑っても大丈夫です。

でも、まあ、それにしても、すごいビジュアルですな。。。。

小学生の時に受けた耳鼻科検診で、舌をヘラのような道具で抑えられた時のことを思い出します。

こちらはラッキーの進化系「ピンプク」の砂場。

 

 
公園にある水道の蛇口からお湯が出るらしいのですが、湯沸かしが間に合わなかったのか、残念ながら出てきたのは水・・・ブルブル・・・。
 

 
手を洗ったら、気を取り直してラッキーが彩られた自動販売機で水分補給

 

 

今後はココだけはなく、県中央に位置する郡山市や会津地方にある柳津町、昭和村にもこのラッキー公園が出来る予定なのだとか。

 

 
暖かくなったらまた来ますね!

昆愛

福島県郡山市/第4期ハツレポーター

埼玉県川越市出身。山形県鶴岡市にある寺で暮らした後、福島県郡山市へ転居。会社員のかたわら、コミュニティFMで写真とSNSを連動させた地域資源の掘り起こしとその魅力を発信するラジオ番組を制作。特技はカブトムシの幼虫を見てオスメスを当てられること。福島地域通訳案内士。「昆」という苗字は岩手県がルーツ。