むかし懐かしい「いもまんじゅう」八女市黒木町で発見!【福岡県八女市】

1 min 94 views

福岡県八女(やめ)市の地元のおやつといえば「いもまんじゅう」。

小麦粉を練って皮を作り、醤油で味付けしたじゃが芋を包んでお湯で茹でただけのシンプルなおやつです。

地元の方は、農作業の合間に、3時のおやつやお茶受けとしてよく食べていました。

「いもまんじゅう」は、お母さんの手作りでまさに家庭の味そのもの。

バリエーションも豊富で各家庭でオリジナルの具材もあります。

例えば、里芋や栗など・・・。

お母さんの味「いもまんじゅう」が黒木町の「駅前まんじゅう」店で販売されていました。もちろん、全て手作りです。

「いもまんじゅう」の他にも季節限定「栗まんじゅう」や「高菜まんじゅう」などなど種類も豊富です。

久し振りに食べてみて、「懐かしい:exclamation:メチャクチャ美味しい:bangbang:」「昔食べてたそのままの味やん」

感動です:joy:

八女のお母さんの味「いもまんじゅう」是非、召し上がって下さい:bangbang:

(秋山富江さんの投稿)

ローカリティ!八女

ローカリティ!八女

福岡県八女市

ローカリティ地域版

「ローカリティ!八女」は、株式会社JTB様と弊社合同会社イーストタイムズが運営する「ローカル魅力発掘発信プロジェクト」の一環として行われた「八女市ローカル魅力発掘発信ワークショップ」から生まれたハツレポを紹介しています。参加者はワークショップを通じて情報発信スキルを学び、地域レポーターとして住民しか知らないの魅力の可視化と発信を行うことで、県内外の八女市ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組みです