30年以上の経験が光る!痛いけど効く治療院【山形県山形市】

1 min 112 views
※写真はイメージです(写真ACより)

自分が数年前に腕が筋肉痛で痛くなった時、祖父の治療を初めて受けた。

はじめは痛くて驚いたけど、その後驚くほど痛みが取れた!私にとって大事な祖父が経営している「東雷峯鍼灸指圧治療院」を取材した。

今回、私が取材に訪れたのは、私の祖父・佐藤信幸(さとうのぶゆき)が経営している「東雷峯(あずまらいほう)鍼灸指圧治療院」だ。

この治療院は今から30年以上前、盲目の祖父が自分の力で地域の人々に役立つ仕事をしたいと思い、鍼灸指圧師の勉強をして資格を取り、自らの力で開業した治療院である。

私は高校生なので、まだ肩や腰の痛みなどとは無縁だが、数年前に腕が筋肉痛で痛くなった時、祖父の治療を初めて受けた。はじめは痛いと感じたが、そのあと驚くほど痛みが取れて、祖父の腕の良さを実感した経験がある。

もうそれなりに高齢の祖父だが、これからも自分自身の健康も大切にしながら、できるだけ長く元気に続けていってほしいと願う。

東雷峯鍼灸指圧治療院

佐藤信幸

鍼灸指圧師/院長

情報

住所:〒990-2482 山形県山形市久保田2丁目15−14

電話番号:023-644-0248

佐藤昂さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です