和菓子で家庭を盛り上げたい!出羽の恵み かすり家【山形県山形市】

1 min 138 views
タグ:

「出羽の恵み かすり家」は山形県山形市に本店があり、1985年に設立されました。今ではスーパーなどで5店舗ほど運営されており、団子やどら焼きなどのみなさんが馴染みのある和菓子が作られ、売られております。私は小さな頃からこの「かすり家」の和菓子を食べていたため、店主の東海林文明(とうかいりん  ふみあき)様に取材させていただきました。

-かすり家設立の理由-

現在の東海林店主の母親が、知り合いから勧められ設立したとのこと。そして東海林店主が跡を継ぎ、今に至ります。

-嬉しく思うこと、大切にしていること-

東海林店主は、お客さんがおいしいと思い、買いに来てくれる。いろんなお菓子を作ってお客さんがうれしい楽しいと思ってくれることがうれしい。お母さんが作るようなお菓子を作り、売ることを大切にしています。

-和菓子について-

この「出羽の恵み  かすり家」では母の日や父の日などの特別な日のテーマに合わせてオリジナルの和菓子が作られます。その日の天候によって作り方を調整していて、特にお店で1番、2番人気のたくさん種類があるお団子やどら焼きがとてもおいしくておすすめ。プレゼントとしても演出の一部としても賑やかになること間違いなし。

そして東海林店主が「幸せの黄色いどら焼き1万人チャレンジ」という企画を2012年より始めており、東海林店主がお店で出会ったお客さんと一緒に幸せどらやきを持って写真を撮っています。お店に立ち寄った方はぜひ一緒に写真を撮ってみてください!

-この先に目指していること-

東海林店主は「家族だんらんのため、主役ではないがお菓子を演出の一部として作ってあげたい。その日を盛り上げたい」ということをこれからのかすり家で目指していきたいとのことです。

さまざまな思いが込められて作られているおいしい和菓子、ぜひ一度このお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

・出羽の恵み かすり家本店

住所:山形県山形市飯塚町1074−1

電話番号:023-644-1206

営業時間:9:00~18:00

定休日:1月1日

https://www.kasuriya.jp/

宗片遼さんの投稿

タグ:
惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です