駆け出したくなるほどの広さ、東京ドーム3つ分!キャンプ宿泊もできる西公園【山形県山形市】

2 min 149 views

なんと東京ドーム3つ分の広さを誇る西公園では、令和元年よりキャンプ場ができました!近頃は気軽にキャンプを楽しめるということで、初心者の方々から人気を集めています。子供から大人まで、長く親しまれている山形市の西公園をご紹介します!

山形市内の西部に位置する西公園は、今から約17年ほど前に、山形市中心部開発でできた鉱さいという産業廃棄物の埋め立て地を利用し、緑豊かな公園として、地球温暖化防止の目的でつくられました。17年前ということは、つまり、私達高校生とほぼ同い年なのです(・∀・)

西公園の魅力はズバリ、豊かな緑とその敷地!中央の広場は端まで駆け出したくなる広さで、アウトドアスポーツに最適です。さらにテニスコート、バスケコート、屋内競技場にアスレチック、バーベキュー場の横には足湯など、様々な施設が充実していてびっくり!

西公園管理事務所の職員の草薙さんは、「他の公園に比べて大きいため、小さい子供や若い人たちに遊んでもらえることと、芋煮やバーベキューなどで色々なことに活用できることが、西公園の魅力です」と仰っていました。お年寄りの方にも、ジョギングコースを利用する方がたくさんいて、みんなに親しまれていることがわかります。

そして、現在西公園ではキャンプスペースが設けられ、誰でも気軽にキャンプを楽しめるようになりました!かまどや流しが整備されているので特にキャンプ初心者の方々に人気があり、小さいお子さんがいて準備などに不安がある方などにオススメです!

また西公園を含める山形市の都市公園は、トライアル・サウンディングという制度(民間事業者の方に公共空間を一定期間自由に活用してもらう制度)の活用を進めており、個人事業主や民間企業などを募集し、地域を盛り上げるイベントを実施しています。フリーマーケットやキッチンカー、スポーツイベントなど、興味のある方はぜひ参加してみてください\(^o^)/

情報

キャンプ場(有料施設)4月から11月まで。

ただし、月曜日(月曜日が祝日等の場合は火曜日)は、宿泊できません。

使用料金 1,200円(1区画、1泊)

西公園 〒990-2342 山形市大字門伝字落合河原3114-10

西公園|山形市公式ホームページ

yamagata-yamagata.lg.jp

https://www.city.yamagata-yamagata.lg.jp › koen

設楽卓杜さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です