彩り鮮やかで新鮮!美味しい!自家菜園の野菜をかしぇるお店「カシェルポポ」【山形県山形市】

1 min 99 views

山形市五十鈴にあるカシェルポポ、不思議な名前と美味しい野菜の秘密に迫りました。

今回私が訪れたのは、カシェルポポ。

店内は二階建てで今回私は二階でご飯をいただきました。店内の雰囲気はドライフラワーが飾ってあり木造を使用した暖かな空間です。

店内写真F1
店内写真F2

カシェルポポの名前の由来は、山形弁で’食べさせる’という意味の「かしぇる」と温かいイメージを感じさせる「ぽぽ」を組み合わせたそうです。

自家菜園の採れたて新鮮野菜を収穫後すぐに提供しているため、彩り鮮やかなメニューが揃っています。今回私が頂いたのはオムレツハヤシ!!

とろとろな卵がとても印象的で卵料理がお好きな人におすすめです。また、お野菜も甘みがあり美味しかったです!新鮮なものを選んでいるため野菜の美味しさが最大限生かされていて、子供でも美味しく食べることができます。

店長の猪倉崇由さんはパティシエの経験もあり、その経験を生かしてレストラン裏に古民家のお菓子アトリエがあります。ぜひよってみてください😀

 

メニューの一部
メニューの一部
店内販売されているお菓子

ーカシェルポポー

○住所 〒990-0061 山形県山形市五十鈴3丁目1−14 

○電話番号 023−624−1460 

○お店公式サイト https://www.kasherupopo.co.jp/

 ○営業時間 コロナウイルス感染予防のため臨時営業時間で営業中です!上記URLをご確認ください! 

稲葉里桜さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です