「商品が多いため仕入れが大変」商品の種類は約450品!山形県内各地のお土産がここで買える「郷土銘産品 山形銘店」【山形県山形市】

1 min 136 views

山形県内のお土産を集めて販売、その種類は450種以上!地元の人からも人気のお土産屋さんです。

取材相手の栗城 健(くりき・けん)さんが「商品が多いため仕入れが大変」と言うようにお店にはたくさんのお土産が棚にずらりと並んでいます。

同じ商品でも地域で味が違ったり、使う材料が違うなどこだわりのある商品が売られています。

昭和47年頃に栗城さんの父の意思で建てられた山形銘店は「接客をして商品に興味を持ってもらうこと」を大切にして営業をされています。

店内は壁一面の棚に商品がずらりと並んでおり、お店の前の棚には若い人に人気のポッキーやラスクなどがあります。中には山形限定の味のお菓子もあります!

筆者である私が好きな商品は、ラスクです。小さいので食べやすくサクサクとした食感が最高のラスクです。ラスクは専用のパンを使用したこだわりの商品です。味も豊富なのでお気に入りの味が見つかるかも…?

若い人から年配の方まで訪れやすいお土産屋さんです。

商品450品もあり、お付き合いしている会社の数は60社以上。「商品販売について企業の人と交渉するのが大変…」と栗城さんは話しており、交渉がうまくいけば新しい商品が今後販売されるようです!

お土産屋さんは観光客が最も多く訪れる場所でもあります。お土産を通して山形の魅力がたくさんの人に伝わればいいと思っています。

情報

郷土名産品 山形銘店

山形県山形市 香澄町1丁目1−1 山形駅ビル店 S-PAL山形店2F

営業時間 10:00-19:30

中村晴海さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です