「自分で挽いてもおいしい!」お店と同じ珈琲が楽しめるように焙煎に力を入れた戸沢の珈琲店『greenwoodcoffee』【山形県村山市】

1 min 128 views

山形県の村山市戸沢地区にある珈琲店【greenwoodcoffee】。葉山中学校周辺の田んぼに囲まれた緑豊かな場所にあり、私自身も珈琲が好きで行ってみたいと思っていたので、今回取材させていただきました。

この珈琲店の店主の伊藤さんが珈琲の焙煎が好きだったそうで、もともとこのお店は、珈琲の焙煎専門店だったそうです。現在はお客さんの要望を受けて店内でも珈琲を飲むことができ、テイクアウトもできるそうです。

『greenwoodcoffee』は山形県の田舎の方にあり、「わざわざ来る場所なので付加価値をつけたい」と、ミルやマグカップ、バッグ、アクセサリー、コースターなども販売していて、とても面白いお店です。

『greenwoodcoffee』が大事にしていることは、もともと珈琲豆の焙煎専門店だったこともあり、「お店で飲む珈琲と同じくらい自分で挽いても美味しい珈琲豆の焙煎」を心がけているようです。

取材させていただいた際にコーヒー豆を買わせていただいたのですが、とてもおいしくこの記事を読んでいる皆さんにも飲んでいただきたいです。

店名:『greenwoodcoffee』

営業時間: 平日 11:00~18:00  日曜日 10:00~17:00 定休日:毎週水曜日

山形県村山市稲下21−5

https://www.greenwoodcoffee.net/

青木希空さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です