「これまで発売されたアイスの種類はなんと200種類!寒河江市にある道の駅チェリーランドの手作りアイス」【山形県寒河江市】

1 min 875 views

山形県の寒河江川沿いにある道の駅「チェリーランド」の敷地の一角にあるさくらんぼ会館の中に手作りアイス屋さんがあります。

そこのアイス屋さんで販売されてきたアイスの種類はなんと約200種類もあります。

 私はその中で「米」と「クッキークリーム」の2色盛りがとても好きです。「米」はつぶつぶ感があり触感が楽しめます。「クッキークリームは」クッキーとクリームがマッチしてとても美味しいです。

 私は毎年夏休みになると叔母と一緒にチェリーランドの手作りアイスを食べに行きます。

叔母とアイスを食べている時間はとても幸せな時間です。この幸せな時間を皆さんにも共有したいと思い今回取材に行きました。

これまで販売された200種類の中から季節に応じた旬のフレーバーなど14種類を厳選し販売しているそうです。

2色盛りと1色盛りがあり2色盛りは300円で2つの味の種類を選ぶことができコーンかカップのどちらかを選ぶことができます。1色盛りは250円で一つの味でワッフルコーンのみで販売されています。

このアイス屋さんはさくらんぼ会館ができた平成4年に開業して、「地元産の果物をもっと多くの方に食べてもらいたい」ということから始めたそうです。

道の駅寒河江駅長の酒井由美子さんは「お客様に喜んでもらいたい」という思いを大切にして経営しているそうです。

「これからも新しい味を開発をしていき多くの方に食べてもらいたい」「美味しさを一番に考えて、今後値上げしなければならない状況があるかもしれないが、なるべく値上げをしないようにしたい」

と酒井由美子さんはアイス屋さんのこれからについて話してくださいました。

情報

URL:山形県道の駅寒河江チェリーランドさがえ[公式ホームページ]

チェリーランドさがえ

http://www.cherryland.co.jp

価格:250円〜300円

営業時間:9時〜18時(11月から3月は17時まで)住所: 〒990-0523 山形県寒河江市大字八鍬 川原 919−8

堀直輝さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です