高野山ならでは?不殺生な節分飾り【和歌山県高野町】

1 min 122 views

高野山にあるお寺の勝手口に、ヒイラギの葉っぱが飾られていました。節分の日に飾られた魔除けのようです。輪切りにされたダイコンとニンジンが添えられていて、可愛らしいです。

一般的には、ヒイラギの葉っぱにイワシの頭を刺します。調べてみると、高野山ではイワシの頭の代わりに、サトイモを焼いたものを使うそうです。

この日見かけたものは、サトイモがどこかにいってしまったのか、それとももともとサトイモがなかったのか。どちらにしても、殺生をしないための高野山ならではの節分飾りなんですね。

紀伊半島魅力発掘隊Facebookより 投稿日:2019年2月21日

紀伊半島 魅力発掘隊

紀伊半島 魅力発掘隊

紀伊半島

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!」を運営する合同会社イーストタイムズは、2018年12月から2019年3月にかけて、紀伊半島3県(和歌山、奈良、三重)の魅力を、住民自らの手で発信し、交流人口の拡大や移住促進を目指す情報発信チーム「紀伊半島魅力発掘隊」の養成塾を開催しました。イーストタイムズのメンバーが魅力的なネタの発掘方法や取材の手法をレクチャーし、参加者が「自分だけが知っている紀伊半島」の魅力をSNSなどを通じて発信しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です