「お気に入りの場所を復活させたい」という願いからできた店!?MOKU cafe(モクカフェ)【山形県山形市】

1 min 213 views
タグ:

山形駅の近くの魅力的なカフェを調べた時に、内装や駅からの近さ、そして美味しそうな食べ物や飲み物に惹かれ、香澄町のモクカフェさんを取材させていただきました。

今回お話を伺ったのは、店主の木嶋さん。木嶋さんは高校生の時、今のモクカフェがあるところにあったカフェの不思議な空間が大好きだったそうです。木嶋さんは将来、そこで何かをできたらなと考えていましたが、大学進学のために県外に出て山形に帰って来た時に、お気に入りだったカフェがなくなっていました。

カフェがなくなっているのを見た木嶋さんは、「絶対ここでなにかやろう!」と決めて、そこから奮闘し5年位かかりやっと店を開くことができました。実は、この場所で何かやると決心した時には「ここで店を開くのであればこうしたい」というイメージが既にあったそうです。

 そんな木嶋さんの思いがつまった店の雰囲気はとても不思議で「ホントに山形の町中にいるのか?」と思ってしまうほど心地よかったです。

店主の木嶋さんは、「この先は家族で経営していきたい」と語っていました。

みなさんもぜひ一度は足を運んでみて下さい!

MOKU cafe(モクカフェ)

・住所         〒990-0039 山形県山形市香澄町3丁目6−5

・電話番号 023-666-6771

・営業時間 11:00〜18:00

・定休日  毎週月曜日

      第三火曜日

小山田大地さんの投稿

タグ:
惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です