見ているだけでヨダレが… とんこつが苦手なお客さんでも食べられる!?「とんこつラーメンこう路」【山形県東根市】

1 min 225 views

 ラーメンの消費量が日本一のラーメン王国山形にある、「とんこつラーメンこう路」。場所は東根市にあり、休日はもちろん、平日のお昼にも行列ができるほど有名店です。私は、部活帰りなどに食べに行くお気に入りのラーメン店「こう路」を取材し、おいしさの秘密を探りました。

「とんこつラーメンこう路」の人気ナンバーワンメニューの「らーめん」680円は、豚骨特有の匂いが全くせず、初めて食べる人やとんこつラーメンが苦手な人などでも気にせず完食できます。高校生の私はこう路の「チャーシューめん」980円が特に好きで、トッピングにネギを頼みます。部活帰りに食べるラーメンは特に体に染み渡るおいしさです。

こう路の味は店主の宇野耕二(うの・こうじ)さんが東京で3年間修行をした千石自慢ラーメンが元の味で「山形の人にあった味になるように試行錯誤を重ねた」そうです。「食材は安くていいものを使い、できるだけコストを抑えてお客様に安く提供できるようにしている」ことに感動しました。店主の小野さんが大切にしていることは、「常連のお客様がいることが大切」と言っていました。以前3日間連続でラーメンを食べに来られたお客様がいたこともあるそうです。お客様にとても愛されているラーメン店だと感じました。ラーメン好きの方はぜひ一度は食べてほしい一杯です。

住所 〒999-3765 山形県東根市神町南2-1-1
電話番号 0237-47-4566
昼の部 午前11時30分~午後2時30分まで
夜の部 午後5時00分~午後10時00分まで
定休日 水曜日(祭日は営業、翌木曜日休み)

とんこつラーメン こう路のホームページ

後藤颯斗さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です