15万円で郵便ポストが買える街、福岡県八女市の八女福島伝建地区


福岡県八女市と聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?

お恥ずかしながらわたしは「八女茶」しか思い浮かばない人生を33年間送ってきました。

しかし、八女市の魅力は、当然ながら八女茶だけじゃなかったんです。

八女市の中心地を歩いた途端、わたしはすぐさま自分の無知さを恥じました。



見てください、この趣ある伝統的建造物の数々を!

なんと八女市、中心部のど真ん中に「八女福島伝統的建造物群保存(伝建)地区」があります。

歴史を感じる味わい深い建物が、本当に街のそこここに数えきれないほど溢れています。

どこぞの洛中の町屋なんて目じゃないくらい。


12年間京都に住んだわたしが言うんですから間違いありません。

中でもわたしの目を引いたのは、「ポスト売り〼  15万円」と書かれた黒板と、おそらく買われ待ちのアンティークな郵便ポスト。


いや、建造物の話しといて建造物ちゃうんかーいって感じですが、コレがこの街のミソなんです。


この街、ただ伝統的建造物が大切に保存されているだけでなく、地元の人々が今もここで商いをし、日々暮らしを営んでいるのです。

新聞屋では印刷機が動き、蕎麦屋の前には人が並び、道ゆく子どもたちは朗らかにあいさつを交わし、日が暮れ始めると宿屋に灯りがともるのです。

わたしは、この懐かしい街並みが、ただただ古臭いだけでなく、今も人の営みの舞台となっていることに深く感動しました。

なるほど、そらポストも売られるわけやわ、と。

これまで色々なところを旅してきましたが、わたしはたった数時間この街を歩いただけで「ここで暮らしてみたいな」と思うくらい、八女福島の雰囲気のとりこになってしまいました。

この感動を皆さんにも味わっていただきたいので、機会があればぜひ訪れてみてください。


P.S.

八女茶は文句なしにおいしかったです。

ヨコイリカ

ハツレポーター

ふるさと:
香川(出身地)、京都(大学時代から12年間居住)、名古屋・銀座・文京区(仕事場)

全国全世界の「地元の魅力」と「歴史ロマン」と「美味しいもの」にまみれて生きたい。田舎っぺの底力を見せつけてやるー!