商品を見るだけで楽しい!山形県内の名産を中心に450種類以上の商品が並ぶお土産屋さん「郷土名産品 山形銘店」【山形県山形市】

1 min 98 views

S-PALの山形銘店では、「450種類以上」もの商品が売られていますが、山形銘店はどのような商品を仕入れているのか紹介します。

基本的には、山形県内で生産されたものを中心に置いており、約60社から商品を仕入れています。今は江戸の芋煮を再現した商品を仕入れる為に交渉を続けているそうです。

特に人気のお土産は、きららと樹氷ロマンです。老若男女問わず人気が高いです。他にも本会社が他の会社へ依頼したさくらんぼゼリーなどがあります。

お菓子以外には、そばや肉なども売られています。

私は、S-PALの中で一番商品の種類が豊富なお土産屋さんは山形銘店だと思います。

店内の様子

昭和47年頃、山形駅ができる前に現店長の栗城建(くりき・けん)さんの父が、ゆべし中心の土産屋として建てました。

昔は、食料コーナーが立ち並んでいてお土産屋さんの存在は薄かったそうです。

「接客をして興味を持ってもらうこと、商品のバランスを客の目が引きやすく工夫することを大切にしています。」と店主の栗城さん。

実際に山形銘店は他のお土産屋さんに比べると、カラフルで一つ一つ商品を見ていくだけでも楽しそうだなと思います。昔の山形銘店と比べて商品がゆべし以外に増えたり、平日でも300人を超えるお客さんが来店しており、お店の名前にピッタリだと思いました。

情報

郷土名産品 山形銘店

住所:〒993-0039山形県山形市香澄町1丁目1−1

電話番号:TEL023-628-1219

営業時間:10:00~19:30

小林瑠姫さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です