滝壺が天然のプールに! ドラゴンが見守る和歌山県かつらぎ町の「金剛の滝」

ごうごうと流れ落ちる滝の音が余計な雑音を打ち消し、次々と変化し続ける水の流れは見飽きることがない。

和歌山県かつらぎ町花園新子にある金剛の滝は、私の好きな和歌山の魅力の一つだ。

この滝の歴史は意外にも浅く、その誕生は今から68年前。

昭和28年7月18日、旧花園村(現在のかつらぎ町花園地区)は、のちに紀州大水害と呼ばれる豪雨により壊滅的な被害を受け、多くの尊い命が奪われた。

このときの大規模な山崩れが有田川をせき止め、天然ダムを出現させた。しかし、その直後の台風13号の増水で決壊したため、岩盤を切り開き、放水してできたのがこの滝だ。

今では周辺にグラウンドやオートキャンプ場が整備され、夏には滝壺が天然のプールとなり、涼を求める多くの観光客でにぎわっている。

アクセス:京奈和自動車道かつらぎ西ICから車で55分。

(溝口善之さんの投稿)

※このハツレポは「和歌山ローカル情報発信Lab.」から転載しました。

和歌山ローカル情報発信Lab.

「和歌山ローカル情報発信Lab.」は、和歌山県が2019年度から始めた「移住者情報発信力強化プロジェクト」事業。合同会社イーストタイムズのメンバーが講師となって、指導・フォローアップ。運営事務局も務める。県内にU・I ターンした移住者が、情報発信のスキルを身につけながら、住民しか知らない「わかやま暮らし」の魅力の可視化と発信を行って県内外の和歌山ファンを創出し、関係人口増や移住定住につなげる取り組み。