レトロな店内!コーヒーを飲みながら楽しめるジャズ喫茶「オクテット」【山形県山形市】

1 min 300 views

山形駅から徒歩5分にあるジャズ喫茶「オクテット」。なんと創業50年!レトロな雰囲気を味わえます!私はオーナーの相澤栄(あいざわ・さかえ)さんがオススメしたピザトーストとブレンドコーヒーを食べました!ジャズを聴きながら楽しめます✨

どうしてジャズ喫茶をはじめたかについて相澤さんに伺うと

「ジャズミュージシャンやファンと仲良くしていると、一緒にコンサートに出掛けていたここの大家さんから『お前喫茶店したいって言ってたけど、俺のところ空いたからどうだ』って相談を受け始めることにした」と話してくれました。

昔はレコードを一枚一枚集めることが大変だったそうです。

相澤さんがサラリーマンだった頃、初任給が7500円でレコードが1700円。レコードは高価なものだったらしく、今は1万7000千枚あるそうです。上の写真はそのレコードです。

相澤さんにオススメされたメニューはブレンドコーヒーとチーズトースト、ピザトーストでした。全て食べてみましたがパンが分厚く食べごたえがありとても美味しかったです!コーヒーは砂糖とミルクで甘くして飲みました。香りがすごくよかったです。

⬆店内の雰囲気です!!!

情報

ジャズ喫茶 OCTET

〒990-0038
山形県山形市幸町5−8
023−642ー3805
営業時間 11時〜18時

岡部凛香さんの投稿

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

惺山高等学校&ローカリティ!スクール

山形県山形市

ローカリティ!地域版

「ローカリティ!スクール」は、地元を愛する全国各地の学生さんと共に「その土地をふるさとと想う人の輪」を広げていくプロジェクトです。

今回は、山形県惺山高等学校クリエティブコース3年生のデジタルコミュニケーションの授業を「ローカリティ!」を運営するイーストタイムズが担当させていただき、ワークショップを実施しました。生徒の皆さん自身が、自分の一番好きな山形の「モノ・人・場所・体験」を自ら発掘、取材をし、記事制作を行いました。

その土地に、何か想いを持てば、
そこはあなたの大切なふるさとになります。

生徒さんのフレッシュな視点で綴られた、地元愛爆発の素敵な記事をご紹介します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です