住みたくなる桜の名所! 地元の人が作り上げた「播磨坂さくら並木」(東京・文京区)

ソメイヨシノが咲き誇る、東京・文京区の「播磨坂さくら並木」をご紹介します。 「鳥になって上空から見てもきれいだろうなぁ!」と思いながら、飛ぶことを諦めた、しがない人間の私は地に足をつけて撮影しました。今まさに、ちょうどい … Read More

ヨコイリカ

ハツレポーター

ふるさと:
香川(出身地)、京都(大学時代から12年間居住)、名古屋・銀座・文京区(仕事場)

全国全世界の「地元の魅力」と「歴史ロマン」と「美味しいもの」にまみれて生きたい。田舎っぺの底力を見せつけてやるー!

第2回ハツレポーター編集会議、グループごとに特集案を検討

ニュースWEBサイト『ローカリティ!』で、それぞれが暮らす地域の魅力を掘り起こし、ハツレポ(記事)にして届ける「ハツレポーター」たちを集めた編集会議が、27日、オンラインで開かれた。 編集会議は月に一度の開催で、今回が2 … Read More

固有種のクマノザクラを守れ!樹木医の本当の願いとは

2018年、国内で約100年ぶりの新種として注目を集めた紀伊半島南部のクマノザクラは、実はずっと昔からある固有種であった。 地元民にとっては、さまざまなヤマザクラが時期をずらして次々と咲くのを、長年、当たり前のこととして … Read More

石山信乃

第1期ハツレポーター / 和歌山県串本町

2020年の始めに念願の出生地にUターンしました。何か新しい活動を…と探していたところ、こちらの活動に目がとまりました。数十年ぶりの和歌山の魅力を、持ち前の明るさと感性を働かせて探索したいとの思いからハツレポーターになりました。どうぞよろしくお願いします。

「やきいもを1本でも買ってくださったら、全国どこへでも行きます!」【後編】

末永さんはこれまでに2度、日本縦断をしていて、最南端は沖縄県豊見城市、最北端は北海道斜里町まで行ったことがあるという。赤字を出してまでも遠くまで重い車を走らせてやきいもを売る理由は何なのだろうか。 1つは、西原村のさつま … Read More

菊池美南

宮城県大崎市/第1期ハツレポーター

岩手県の久慈生まれ、盛岡育ち。大学時代は仙台で過ごし、就職を機に大崎市へ来ました。
東北から出たことがない、東北大好き人間です。宮城の中ではあまり目立たない大崎市ですが、世界農業遺産にも認定された豊かな土壌に魅力的な人、物、事がたくさん隠れています。大崎を含む宮城県北や地元岩手の魅力を発信していきたいです!

春といえばサクラ、サクラといえば春・別れや出会いの時期の象徴

サクラの咲くころ、受験の結果が発表になり、きらきらと輝くサクラの花びらとともに人生の蕾を膨らませ始める。サクラ吹雪のころには、皆ぞれぞれのスタート地点にたち、思い思いの方法で新しい一歩を踏み出す。 自宅の庭のサクラ、ソメ … Read More

榎本睦代

和歌山県田辺市/第1期ハツレポーター

和歌山県新宮市出身の父、那智勝浦町出身の母、嫁に来たのが和歌山県の世界遺産「熊野本宮大社」がある本宮町、そんなわけで、熊野三山の縁あるあるです。普段はリモートワークでとにかくコツコツとお仕事をこなしています。
驚きや感動をどんな風に伝えていけるのかわかりませんが、「人」「モノ」「コト」を私なりに表現していきたいと思っています。

「やきいもを1本でも買ってくださったら、全国どこへでも行きます!」【前編】

そんな、“やきいも屋さん”を営む男性が宮城県大崎市にいる。実際にやきいもを届けるために車で沖縄まで行ったこともあるという。しかし、実はこの男性の本職はIT業。なぜ“IT屋さん”が“やきいも屋さん”をやっているのか、そこに … Read More

菊池美南

宮城県大崎市/第1期ハツレポーター

岩手県の久慈生まれ、盛岡育ち。大学時代は仙台で過ごし、就職を機に大崎市へ来ました。
東北から出たことがない、東北大好き人間です。宮城の中ではあまり目立たない大崎市ですが、世界農業遺産にも認定された豊かな土壌に魅力的な人、物、事がたくさん隠れています。大崎を含む宮城県北や地元岩手の魅力を発信していきたいです!

熊野本宮大社旧社地「大斎原」は今が桜満開🌸

和歌山県本宮町、熊野本宮大社の旧跡地である大斎原(おおゆのはら)。高さ33メートルの日本一大きい鳥居周辺はちょうど満開でした!スギやヒノキが多い熊野古道の道のりで、たどり着いた本宮大社が桜満開だとちょっとテンションがあが … Read More

並木真弓

ハツレポーター

ふるさと:
東京都渋谷区(生まれ)、千葉県習志野市(育ち)、和歌山県田辺市(面白過ぎて移住)

ローカルな中の更にローカルな物や事や歴史を見つけて「ヤバい!!」と思うことが大好きです!
和歌山県・三重県・奈良県をはしる世界遺産 ”紀伊山地の霊場と参詣道” 通称「熊野古道」への愛が止まりません。

【聞き書き】宇野千代との出会いを経て、秋田で創作活動

片山幸子(74)は、御殿まり(ごてんまり)や染物の作家だ。20年以上にわたり創作活動を続け、地元では「御殿まりのひな人形」や「絞り草木染め長着」の作品が代表作として知られている。彼女の創作の原点を探ると、それは東京にあっ … Read More

貝田真紀

秋田県北秋田市 / 第1期ハツレポーター

現在、阿仁マタギで有名な北秋田市に引越し、「地域おこし協力隊」として地域振興に取り組んでいます。狩猟免許を取得して北秋田市の森吉猟友会にも所属したので、今後は狩猟活動も展開していく予定です。モスクワには3年半ほど住んでいたので、モスクワにも思い入れがあります。「秋田×ロシア」でも何か仕掛けたいです。

雪解け水の中に一輪のふきのとう

ザックザック、ザックザック。 ざらめ状に固まった雪を踏みしめ、一歩一歩、そっと歩く。 ツルッと滑ってみたり、天然の落とし穴にズボッと足をとられ、長靴の中に雪が入ったりする。 凍った自然の平均台をバランスをとって、そおっと … Read More

菅野久美子

第1期ハツレポーター / 秋田県由利本荘市

生まれも育ちも秋田県。秋田はなにもないところ……ずっとそう思ってきましたが、今になって秋田の良さを感じています。「何もない」じゃなくて、「何も気が付かなかった」というのが適切かも。身近にある秋田のいいところを伝えたれたらと思います。

相馬を音楽のまちに! 立派なホールはなくても、手づくりで良い音楽を市民に届け続ける

歴史と伝統のまち・福島県相馬市で、音楽を通じた魅力あるまちづくりを行うグループがある。「そうま音楽夢工房」。市職員と市民の有志によって結成され、今年、創設18年目を迎えた。 相馬市には大都市にあるような数千人規模の立派な … Read More

小池穂波

ハツレポーター

ふるさと:
新潟(出生地)、栃木・埼玉(育ったところ)

初めて取材をした時、長く住んでいる地元にもまだまだ知らない魅力やストーリーがたくさん眠っていることに気付かされ、日常の風景を見る目がガラッと変わりました。

全国各地に眠るたくさんの魅力を発掘し、みなさんと共有したいです!
本業はフルート奏者なので、全国津々浦々のまだ誰も演奏したことのない場所でコンサートをすることが夢です。
音楽で地方創生に貢献できるよう頑張ります!